男性のベビーシッターもいる

ベビーシッターというと女性だけのイメージがありますが、今では男性のシッターもいます。



女性の保育士だけではなく男性の保育士が増えているように、保育は女性だけではなく男性も行うものという認識が広まっているからです。

日本経済新聞の珍しい情報をご紹介しています。

男性のベビーシッターは、体力があるのでやんちゃな子供にも対応しやすいです。また、シングルマザーの家庭の子供にとっては、お父さんのような役割も果たします。

ベビーシッターを利用できるのは0歳〜15歳までなので、元気すぎる年代の子供を預かるケースもあります。
そういう時に体力や力がある男性シッターは、子供の体力についていくことができるので、子供の満足度が高まります。

男性シッターは個性的な人も多く、お笑い芸人だったり、バイリンガルだったりなど、多彩です。



子どもを預けている間に寂しい思いをさせたくない、笑っていてほしいというのであれば楽しめる環境を与えてくれるシッターを利用してもいいでしょう。

預けている間に英語の教育もしてもらいたいというのであれば、バイリンガルなシッターの利用が向いています。


男性のシッターに預けるのに抵抗感を持つ人は少なくないようですが、元保育士として働いていた人や、子どもの親であるシッターなどもいるので、子供の扱いに長けている人が多いです。

やんちゃな男の子を預ける場合は特に、ベビーシッターは体力勝負になりやすいですから、男性のベビーシッターの利用を検討してみてもいいでしょう。


top