ベビーシッターの楽しい面辛い面

どんな仕事もそうですが、ベビーシッターの仕事にも楽しい面と辛いと感じる面があります。
ベビーシッターによって違う面もあるでしょうか、預かった子どもが自分になついてくれて楽しい時間を過ごせたり、自分と会うのを楽しみにしてくれていたりした時、嬉しさややりがいを感じる人が多いのではないでしょうか。


辛いと感じるのは、やはり責任の重さを感じるときでしょう。

預かっている間はずっと子どもの健康状態や子どもがけがをしないように気を配らなければなりません。それでも子どもは急に体調を崩すことがありますし、予測できない動きをしてけがをすることもあります。
急に熱をだしたなど、ベビーシッター側に非がない場合でもクレームがつくことがあります。

また、子どもがどうしても自分に心を開いてくれず、信頼関係を築けない時も辛さを感じるかもしれません。


どう対応していいか途方にくれることもあります。

日本経済新聞の詳細は専用ホームページで紹介しています。

子どもとはうまくいっても、保護者と相性が悪い場合もあります。さまざまな要望を出してきて、依頼通りに行っても満足しない保護者もいます。


些細なことにクレームをいれるという保護者もいるかもしれません。



ベビーシッターに限らず、保育の仕事は、子どもだけでなくその保護者との信頼関係を築いていくことがとても大切です。ベビーシッターは大変な面も多いですが、子どもが信頼してくれ、継続してお世話にしている子どもなら直に成長を感じることもでき、保護者の助けになれる、やりがいのある仕事だと言えるでしょう。



top