ベビーシッター業務に役立つ認定病児保育の資格

ベビーシッターとして働くには、特に資格は必要ありません。

つまり、誰でもやる気さえあればベビーシッターと名乗ることはできるということです。

エキサイトニュースを知りたいならこちらです。

しかし、もし独立開業するとしたら何も資格を持っていない人に子どもを預けたいと思う親はいません。本気で開業するつもりならば、他のベビーシッターサービスとは差をつけないと利用者は増えないでしょう。

そのアピールのために使える資格として、認定病児保育スペシャリストというのがあります。


日本病児保育協会が認定する日本初の病児保育の専門家になるための資格で、WEBの講座でも受講できるようになっています。



スペシャリストに認定されると、病児保育施設や病児のベビーシッターとして働けるようになります。
この資格を取得すれば、健康な子供だけではなく病気の子供にも接することができるようになるので、分け隔てなく子供と触れ合える機会が持てます。

ベビーシッターの中でも、病児保育ができる人材は限られています。
もし病児保育ができるシッターという肩書きが付いていれば、独立開業した時のアピール材料にもなるでしょう。

病児保育は社会的ニーズが高く、将来的にも活躍の場が期待できる資格として注目されています。

病気の子供を預けられないと、親は仕事に行けずに困ることになります。

もしその時にシッターが手を差し伸べることができれば、病気の子供も自宅で安心して過ごすことができますし、親の支えにもなることができます。



top